税理士試験

税理士試験の難易度を科目別に考える【独断と偏見】

2016/07/28

税理士試験の難易度は科目別にどうなっているか気になるところです。
受験を終えて5年以上になりますが、思い出しながら科目別の難易度を書いていこうと思います。
受験には結構苦労したタイプなので、なかなか合格できなくて苦しんでいる受験生に読んでほしいです。

税理士試験の難易度、科目別のH27実績

税理士試験の科目別難易度は、国税庁HPを見るとよいです。
160727合格率

平成26年と平成27年の税理士試験の合格率が科目別に記載されています。
だいたい10~20%くらいです。
そのため、どの科目でも5~10人の受験者がいれば合格者が出るということです。

ここまでは税理士試験に興味があれば、だれでも拾える情報です。
自分の場合は、この情報だけで「イケる」と思い、受験に挑んで苦労しました。

税理士試験の難易度は科目別に数字に出ない違いがある

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

税理士試験の難易度はさきほどの科目別合格率だけでは分かりません。
専門学校は受講生獲得のために本当のことは言いません。

そこで、受験経験を重ねるごとに気づいたことを書いていこうと思います。
(受験開始前の自分に教えてあげたいです)

税理士試験の科目はいくつかに分類されます。

会計科目(簿記論、財務諸表論)

これら2科目は選択必修科目で、全員が合格しなければならない科目です。
ほとんどの受験生が最初にチャレンジする科目です。
当然のように、私も会計科目からチャレンジしました。

大学院で税法2科目免除をする人でも受験しますし、税理士試験の入り口と言えます。
よって、他の受験生のレベルが高くないので、難易度は比較的低いです。

難易度がそう高くなくても、本気でやらないと合格できませんよ。
と、2006年から受験して2011年にやっと突破した本人が言ってみます。

税法科目(所得税法)

会計科目を突破すると、税法科目に進むことになります。
実務でよく使う法人税、消費税、所得税の順番です。
この中から2科目くらいを選んで受験する人が多いです。

ここからは完全に独断ですが、法人税>>>>>所得税>>消費税、こんな難易度だと思います。

・法人税で苦労して所得税に逃げる人がいる
・法人税の実務のほうが金になる
専門学校の合格体験記などを見ていても、優秀な人が法人税を突破している印象です。
実際、私も法人税を1回受験して所得税に切り替えました。
専門学校の模試などでも法人税より所得税のほうが明らかに上位に進出しやすかったです。

・会計科目が終わった後に消費税を選択する人が多い
・消費税は身近で実務でも使う
・勉強量が法人税と所得税より明らかに少ない
これらから、消費税は会計を突破したばかりの税法初心者が多いと言えます。
税法初心者が多ければ、必然的に受験生のレベルが低くなりますね。

税法科目(相続税法)

合格だけを最優先に考えるなら、相続税法は避けたほうがよいです。
なぜなら、会計科目と法人税や消費税を突破した猛者が揃う科目だからです。
よくわかりませんが、最後の科目に相続税を選ぶ人が多いです。
最後の相続税に苦しんで5年以上受験していた人を知っています。
私も勉強開始当初は相続税を受験するつもりでいましたが、現実を知ってからは避けました。

税法科目(酒税法)

消費税と酒税はいずれかしか受験できないのですが、この科目を選んだ経緯を考察しました。

・実務では絶対に使わない科目だが合格するためだけに勉強する
・重要な消費税をあえて避ける

以上より、酒税を本気で学びたくて積極的に選択した人は皆無です。
合格しやすそうだと安易に飛びついた人が多いと思います。

よって、ライバルのレベルは大したことないのではないでしょうか。
完全に偏見で意見していますが。

税法科目(事業税、住民税)

事業税は法人税の地方版、住民税は所得税の地方版です。
法人税突破→事業税へ、所得税突破→住民税へ、このように進むケースがほとんどです。
よって、相続税同様にライバルのレベルが高いと言えます。
一つのミスで不合格も当たり前のこわい科目です。

税法科目(固定資産税、国税徴収法)

固定資産税は市役所が税金を計算します。
滞納している納税者に税務署が国税徴収法に従って督促します。
よって、税理士の実務では一切使わない科目です。
勉強のモチベーションが低いので、酒税と似ているとも思えますが、正直よくわかりません。

税理士試験の科目別の難易度は結局は関係ない

片岡
↑引用:http://matome.naver.jp/odai/2144001685694880301/2144002092696024903

今まで書いてきた内容を否定するようなタイトルですが、難易度は最初に科目を決めるときだけ気にしましょう。
一旦、科目を決めたら、あとは税理士試験当日まで難易度を気にせずに勉強することが大事です。
どんなに難しい試験でも合格者が必ずいます。

私の受験時代を振り返ってみても、税理士試験は結局のところ自分との戦いだったと思います。
専門学校で教わったことを吸収する、試験当日にすべてを出し切る、この2点だけだからです。
最初のほうは、「あの人は消費税を勉強しているからライバルだ」とか思ってましたけど、最後は気になりませんでした。

自分に目が向けられるようになると、「自分が合格レベルに達すればOK」となり、難易度は気にならないのです。
私の大好きなダイヤのエースの片岡監督も「敵は己の中にあり」と言ってますし。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-税理士試験