会社経営

自分で会社設立した体験談。結構簡単で逆に危機感を感じた!

自分で会社を設立したときの体験談を書いていきたいと思います。世の中便利になったと思った反面、税理士の仕事についても考えさせられるきっかけとなりました。自分で会社設立を考えている方に読んでもらえるかもしれません。

スポンサーリンク




自分で会社を設立する方法は2つ

31bf899ad1c0582285d0eb27a76b2354_s

自分で会社を設立するには、「書類を準備して法務局に提出」する手続きが必要になります。書類の準備さえクリアできればそんなに難しくはありません。自分で会社を設立するための書類準備方法としては2パターンあります。

書籍やネット検索をフル活用

本屋に行くと、会社設立の手続きを説明している本が山ほどあるので、それを買ってワードやテンプレートから自分で書類を作っていく流れです。テンプレートはネット上に転がっているので、ワードから文字をベタ打ちする必要はないです。

法人設立サイトを利用する

自分で法人設立するにあたって、便利なウェブサービスが最近は増えました。設立する会社の情報を入力していくと書類が完成していくイメージです。法律知識ゼロで書類作成ができてしまいます。

スポンサーリンク




「新会社設立くん」を利用した自分の話

118315

会社設立したとき、自分の場合は新会社設立くんというウェブサービスを使いました。本を買って最初から作ろうと意気込んだのですが、新会社設立くんを使ったほうが楽で安かったからです。



システム利用料が安かった

800円で書類テンプレートが全部使えます。会社名や住所などを一回入力すれば、定款も登記申請書も印鑑登録届出書などの全部の書類に反映されるのがとにかく楽ちんです。コスパ最強だと感じました。

定款の印紙代が浮いた

自分で全てやるのを諦めた理由は、これが一番です。社名や本店などの会社のことを「定款」という書類にまとめないといけないのですが、書面だと印紙代4万円が必須です。新会社設立くんなら、電子認証という手続費用3,400円払えば印紙代がゼロにできることを知りました。

自分では電子認証ができないので、印紙代を浮かせることはできません。最初にこれを知っていれば、本すら買わずのに新会社設立くんを選んだと思います(笑)。

自分が感じた「新会社設立くん」のデメリット

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_s

安くて便利な「新会社設立くん」ですが、デメリットと思えるところもありました。それは営業電話です。会員システムに電話番号を登録しないといけないのですが、登録早々に営業電話がかかってきました。

自分の場合は、「税理士を紹介しましょうか?」という内容でした。800円の手数料は売上としてはどうでもよくて、税理士紹介手数料で儲けている事業者なんでしょう。

「顧問税理士がいるので大丈夫です」と言って断ったら、その後の連絡はありません。いやなら1回断わればいいですし、税理士を紹介してもらいたいならむしろメリットです。

自分で会社設立、法務局の個別相談が丁寧!

法務局相談

書類までは自分でなんとか揃えても、会社設立が初めてだと不備がないか心配です。でも、法務局の個別相談が充実しているので心配はいりませんよ。

押印やホッチキスなどが不安だった

文書を整えても、「書類に折り目をつけて捨印を押す」、「ホッチキスどめの場所が決まっている」など、失敗したらいやなルールが結構あります。

書類だけ持って行って相談した

ホッチキスや押印が心配だったので、クリップでとめた状態の書類を持って相談に行きました。そうすると、「よかったら押印しますが?」と言ってもらえたので委ねました。ホッチキス、折り目、押印をほとんどやってもらっちゃいました。かなり手厚くて逆にびっくりでした。

自分で会社設立、法務局に2回行くのが面倒だった

IMG_0566

自分で会社設立したとき、面倒だと思ったことがあります。それは、申請書の提出で1回、印鑑登録カードの受け取りで1回、合計2回も法務局に行かないといけないことです。

印鑑登録カードがないと印鑑証明書が取れないので、銀行口座開設ができなくて困ってしまいます。

大変なのは、離れた実家を会社所在地にすると、実家近くの法務局に2回も行かないといけないところです。司法書士に頼むと、全部郵送でできるのですが、自分で提出となると自分で行かないといけません。離れた実家を会社所在地にする方は気をつけてください。

ネットと税務署次第では税理士もいらない

105769

書類をネットで作って、法務局で相談して無事にできた会社設立ですが、この影響で仕事が減った司法書士もいるはずです。司法書士が手続きすれば10万円近くの報酬を得られたという裏側もあるからです。

税理士も同じような状況です。最近のネットでのサービスが充実はすごいです。月2,980円で労務や税務をお願いできるのは一昔前では考えられませんし、怒っている税理士もいると思います。



個人的にはサービスの多様化は大歓迎です。「税金の後始末である手続きだけじゃなくて、セミナーやブログ等での情報提供や別事業をやれ!」というありがたいお言葉だと思っています。

自分で会社を設立する方法、まとめ

自分での会社設立手続きは、結構いい経験ができたと思っています。楽なことも面倒なこともありましたが、楽しかったです。丸投げで時間を節約するのもよし、経験してみるのもよし、自分なりの方法を選ぶ際の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-会社経営