会社経営

ひとり税理士の戦略。三兄弟の三男(5歳)から学んだこと

知り合いの子供たち(三兄弟)が泊まりに来ました。三男は5歳で幼稚園児です。2日間いっしょに過ごしてみて、楽しかっただけでなく、ひとり税理士の戦略を考える上で役立つヒントがありました。

スポンサーリンク




ひとり税理士の戦略の前に、三兄弟との関係

三兄弟関係図.001 のコピー

ひとり税理士の戦略の前に、この三兄弟について紹介しておきます。私から見た三兄弟は、「義理の母の職場の元後輩の息子」です。「の」が多過ぎてよくわかりませんね(笑)。グアムまで結婚式に来てくれたり、キャンプに連れて行ってくれたりと、楽しくお付き合いをさせてもらっています。今回は、夏休みの思い出作りも兼ねて、三兄弟だけでうちに泊まりに来たのです。

三男の厳しい環境はひとり税理士に似ている

560a7ddcc802be7148519c01b6b15700_s

三兄弟を見ていると、とにかく元気です。走り回ったり、喧嘩したり、忙しいです。眺めていると、「三男は大変だなぁ」と思うところがありました。

三男は生まれたときから強力なライバルがいる

長男との大きな違いは、三男は生まれた時点でライバルがいることです。生まれたときから競争社会を経験します。そして、ライバルも年々成長するので、少し時間が経てば勝てるというものではありません。

三男は体力では勝てない

三兄弟は遊ぶときに競争の要素をだいたい取り入れます。「こうだったら3点」、「早く終わったら勝ち」といった競争です。体力差が関係するものも多いので、三男は負けて泣くこともあります(笑)。税理士も独立して、大規模事務所に立ち向かったとしても勝てる見込みは小さいです。

三男でも勝てる「お菓子戦略」

1bbf3e21692c9d5abe8b2dd9be7d5fe2_s

強力なライバルと常に戦っていかないといけない三男ですが、長男や次男に対して優勢に立った姿を見つけました。三兄弟といっしょに所沢航空記念公園で遊んで帰ってきた車の中でのお話です。

三男だけがお菓子を持っていた

泊まりに来る前に1人1個ずつお菓子を買ってもらったそうです。長男と次男は早々に食べましたが、三男は食べずに大事に取っておきました。三男がお菓子を食べ始めたのは、1時間以上も移動を続ける車の中でした。

お菓子がない長男と次男のうらやましそうな目線を感じながら、三男は優越感にひたりながらお菓子を食べていました。お菓子ひとつでも、開ける時間が違うだけでライバルをだまらせることができるのです。

お菓子を条件に交渉を有利に進めた

三男はお菓子を使って次男を味方につけました。次男をお菓子で囲って勢力関係を2:1にできました。さすがの長男も不利な状況を察したのか、三男に対する接し方が優しくなっていました。

スポンサーリンク




ひとり税理士に生かす三男の「お菓子戦略」

637681c8c11f3ba1f33b3b8ab0038cb7_s

ひとり税理士の今後を考える上で、三男のお菓子戦略はおもしろいと思いました。自分の戦略にも取り入れていこうと思います。

時間差戦略

三男は同じお菓子でも時間をずらしたことでおいしい思いをしました。ひとり税理士にも時間差が有効でしょう。税理士事務所の営業時間は平日9〜18時が一般的で、最近は少しずつ夜間や土日の対応は増えてきました。前に勤務していた事務所は最近だと土日営業で水曜休みを採用しています。平日日中→夜間→土日→早朝の順にライバルが減るので、土日と早朝対応をもっとアピールしていきたいです。

サービスメニュー差戦略

三男が勝てたのはお菓子を持っていたからです。ひとり税理士だと、他の税理士がやっていない独自サービスが当てはまりますね。自分の場合、法人化提案書、相続税提案書、スカイプ相談がありますが、独自とまではいきません。独自のサービスメニュー開発と宣伝をもっとやらないとです。

ライバル取り込み戦略

次男を取り込んだ三男の戦略はおもしろいです。ひとり税理士もライバル税理士を取り込めれば大きな事務所が囲い込んでいる案件を獲得することができるかもしれません。そのためには、ライバルを取り込むための実力が必要ですね。思いつくのはネットを使った集客力や発信力です。少し時間がかかりそうですが、ネットを使う技術は磨いていこうと思っています。

三男から学んだひとり税理士の戦略、まとめ

子供の世界も競争社会だと2日過ごしてみて思いました。本人たちにそんな意識はないでしょうが、観察してみるとおもしろいです。来月いっしょにキャンプに行くので、また観察してみようと思います。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-会社経営