税理士試験

税理士試験の科目ごとのボリュームには裏がある!

2016/09/20

税理士試験の科目を選ぶ際に、ボリュームは結構気になるところです。専門学校でもらえる合格体験記をまとめた本を見ると、合格に必要な勉強時間が乗っていて150時間とか書いてありますからね。今回は税理士試験の科目のボリュームの裏側を書いていこうと思います。

科目別の難易度に関係するところもあるので、こちらの記事もよかったら読んで見てくださいね。

スポンサーリンク




税理士試験、科目ごとのボリューム

税理士試験は科目を選べるのですが、科目ごとに勉強しないといけない範囲(ボリューム)が全然違います。自分も受験しようか悩んでいた頃、TACからもらった合格体験記を読んで、科目ごとにボリュームが違うと知りました。記憶によると、だいたい次の感じだったと思います。

多い→法人税、所得税
多め→相続税、簿記論、財務諸表論
少なめ→消費税、事業税、住民税、酒税
少ない→固定資産税、国税徴収法

スポンサーリンク




税理士試験の科目、「ボリュームが少ない」と「合格しやすい」は別

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_s

税理士試験の科目は、ボリュームが少ないと簡単に合格するんじゃないかと思われがちです。少なくとも、自分が最初に専門学校のパンフレットを読んだときはそう思いました。でも、実はNO!気をつけましょう!

ボリュームが少ない→ミスがゆるされない

ボリュームが少ないということは、少ない勉強量でも合格レベルに到達できるという意味です。その裏には、こんな意味が隠れています。

・仕事が忙しい受験生でも合格レベルまで仕上げられる
・どんな問題を出しても対応できる受験生が多い

上記を考慮すると、ボリュームの少ない科目で合格するには、「ミスできない」プレッシャーに打ち勝たないといけません。固定資産税を選択した税理士の友達は、「計算は満点が前提」と言っていました。電卓ミス、小数点以下の切り上げ切り捨てのミスが命取りだって言ってました。

ボリュームが少ない→飽きる

勉強していて辛いのが、「飽き」です。ボリュームが少ない科目だと、ミスなく正確に早く解答することが求められます。2年目3年目になるにつれて、同じ科目を勉強する「飽き」との戦いも辛いものがあります。自分の場合、国税徴収法は、つまらなくて仕方なかった記憶しかありません(笑)。

無料メルマガやってます!→税理士試験リベンジサポート

税理士試験の科目別ボリュームと合格しやすさ、個人的見解

142944d3722465be7f9b3c4913cf9a91_s

税理士試験の科目とボリュームは、いろんなところで書かれています。でも、結局は合格しやすさが何よりも大事だと思います。自分が受験した科目しか分からないのですが、ボリュームと合格のしやすさを書いてみたいと思います。

簿記論

1月から税理士試験まで、1日3時間くらい勉強すれば十分に合格できる科目だと思います。計算だけなのでボリュームが多くて辛いっていう印象はありません。受験1年目の人が多くてライバルのレベルは低いので、合格はしやすいはずです。でも、舐めてると5回落ちます・・・。

財務諸表論

ボリュームは簿記論と同じくらい、受験1年目の人も多いです。科目別合格率は毎年一位なので、税理士試験では最も合格しやすいと思います。

消費税法

ボリュームは少なめですが、結構な難関科目だと思います。初学者が経験者を差し置いて合格することが多い科目という印象です。たしか「下克上科目」って言われてました。

スポンサーリンク




法人税法

果てしないボリューム、かつ、2~4科目ホルダーが集う難関科目です。1回だけ法人税を選択したとき、実力テストや答練で下位10%が自分の指定席でしたよ。何年やっても合格できそうもない気がしました・・・。

所得税法

ボリュームが多い科目ですが、法人税より圧倒的に楽でした。自分と同じように、法人税から逃げてきた人も多いからだと思います(笑)。ボリュームが少ない科目よりは、勉強すればするほど合格に近づける科目だと感じました。消費税より楽って言ってもいいような気もしますね。

国税徴収法

実務に全く使わない科目なので、自分のようにやる気を失って適当に勉強している人も多いような気がします。ボリュームが少ないのに、細かいところまで網羅している人は少なかった印象です。暗記が得意なら、定番の出題以外なら順当に合格できるでしょうね。

固定資産税、事業税(友人の話)

これらはボリュームが少ないので、精度とスピード勝負らしいです。「一つ間違ったらまた来年」というプレッシャーに動じないメンタルがあるなら、勝負してみてもいいと思います。

相続税(友人の話)

ボリュームうんぬんではなく地獄らしいです(笑)。4科目ホルダーが最後に選択することが多いので、受験エキスパートが揃っているとのこと。早く合格して、実務をやりながら勉強したほうがいいかもしれません。相続をたくさん扱っている事務所でも「相続税合格」は必須じゃないところも多いですし。

税理士試験、科目とボリューム、まとめ

税理士試験の科目はボリュームが少ないから楽だと思ってはいけません。ボリュームが多くても早く合格するならボリュームが多い科目をあえて選択することもアリでしょう。個人的には所得税は穴場だと思いますよ。

無料メルマガやってます!→税理士試験リベンジサポート
The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-税理士試験