税金

配偶者控除で話題の「年収」や「所得」って何のこと?違いは?

配偶者控除の改正が連日報道されています。報道の中で「年収」や「所得」という言葉が出てくるのですが、違いをご存知ですか?間違って理解してしまうと、配偶者控除を間違って理解してしまうことにもなりかねません。

ちなみに、配偶者控除の改正については下記の記事で最新情報を公開しています。是非ご覧ください。

スポンサーリンク




年収と所得の違い【配偶者控除を正しく理解するために】

配偶者控除の年収と所得の違いとは

まず、年収と所得の違いをしっかり確認しておきましょう。サラリーマンやアルバイトの人なら源泉徴収票はもらいますよね?これを見ると年収と所得の違いは分かりやすいです。

スポンサーリンク




年収と所得の違い【源泉徴収票】

早速、源泉徴収票を見ながら、年収と所得の違いを確認しましょう。

年収と所得、配偶者控除

仮に、収入が給料だけの場合、上記図のAが年収、Bが所得です。年収のほうが所得より大きいです。

年収・・・・収入そのもの
所得・・・・収入から経費を引いた金額

「給料に経費?」と思いますよね。実は給料から経費を引いた金額が給与所得(B)です。経費は次の式で計算します。

配偶者控除の年収と所得、給与所得控除

年収480万円で当てはめてみると、経費は150万円となります。差し引いた所得が330万円となって、源泉徴収票のBと合います。計算は会社がやってくれるので、年収と所得の違いだけわかればOKです。

スポンサーリンク




厳密には所得は給料だけじゃない

例えば、年収480万円のサラリーマンで、FXでの儲けが50万円あった場合、上記源泉徴収票の給与所得330万円にFXの儲け(雑所得)50万円を足した380万円が所得です。

副業や投資をしている人は、年収だけで判断すると間違ってしまいます。注意してくださいね。

配偶者控除改正の報道は年収ベース【所得は基本無視】

最近、配偶者控除の報道がよく報じられています。会社員の家庭が大半なので、報道では年収ベースです。なので、サラリーマンやアルバイトの人は、源泉徴収票の左上(A)を見ながら改正の記事を読んでくださいね。

所得という言葉は、一般的に馴染みがないので、年収ベースで説明しているわけです。

スポンサーリンク




配偶者控除で注意すべき数値【年収と所得の両方で】

配偶者控除の改正で注意すべき数値を紹介します。現行では年収103万円(所得38万円)以下だと、配偶者控除があります。

年収150万円(所得85万円)以下に配偶者控除を適用しようというのが、改正案の概要です。この150と85が注意すべき数値となります。

ちなみに、改正案では、今までなかった夫の年収制限も作られる予定なので、こちらの数値も要チェックです。

配偶者控除に関係する年収と所得、まとめ

配偶者控除の年収と所得の違い

配偶者控除の改正が連日報道されていますが、ほとんどが年収ベースでの説明です。給与収入だけなら、源泉徴収票の左上の年収だけ注意すればいいのです。自営業者や投資家は所得で考える必要があります。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-税金