税理士試験

税理士試験の合格率、2016年はどうだった?

税理士試験の合格発表が12月16日にありました。このブログの受験ネタへのアクセス数が増えていたので気が付きました。合格された方、本当におめでとうございます!!!2016年の合格率ってどれくらいだったんでしょう?

スポンサーリンク




税理士試験2016の合格率は国税庁に公開あり

税理士試験2016の合格発表に伴い、合格率が国税庁HPで公開されていますね。今思い返すと、合格率って受験前には気にしていましたが、受験中は気にしてなかったですね。

スポンサーリンク




2016税理士試験の合格率

あれこれ語るより、合格率をまずは見てみます。

税理士試験合格率2016、その1

だいたい11〜15%といったところです。自分が受験していた2011年くらいまでは、財務諸表論が一番合格率が高かった印象ですが、2016年も財務諸表論が一番合格率が高いですね。

合格率って受験生本人にはあんまり関係ない話

受験を始める前、TACのパンフレットで情報を集めていた頃、こんなことを考えていました。

・合格率が10%切ってるからこの科目は難易度が高い
・この年は簿記論の合格率が高いからこの年に受験した人はラッキー

いざ、受験を始めると、正直合格率ってどうでもいいです。自分が合格すれば100%、不合格だったら0%だからです。

自分が5科目とも、合格率が高かったかどうかなんて覚えてませんし、合格率に助けられたって感覚もありません。

結局、税理士試験で「戦う準備ができているか」ってことが大事だと学びました。ダイヤのエースでも、そんな名場面があります。

「戦う準備はできているか?」、いい質問だと思いませんか?(笑)

税理士試験の自分的合格率を高める工夫

税理士試験合格率2016、その4

2016年の税理士試験を終えたところで、来年の受験をどうしようか考えている人も多いと思います。結果として出た合格率はあんまり関係ないと言いましたが、次の試験の合格率を上げるための工夫は大事です。

スポンサーリンク




科目より日程や場所

受験を終えた身から意見をするなら、別に科目って何でもいいかなって気がします。就職したい税理士法人が「相続税合格必須」とか「酒税お断り(?)」とか言ってれば別ですが。

科目別のボリュームや難易度を書いた記事があるので、一応参考までにご紹介します。

自分の場合、不合格ばっかりでしたが、ずっと複数科目受験だったので、どちらかというと日程重視でした。

2年目の受験で、一日で三科目も受験したとき、かなりつかれました。最終年は三科目受験でしたが、一日一科目なら体力に差がつかなかったです。

あと、最終年以外はずっと獨協大学で受験していました。大学の机って、斜めになってて紙が落ちそうになるし、幅が狭くて使いにくくて本当に嫌でしたね。最終年は五反田TOCで受験しましたが、机が広くて快適でした。

いくら勉強しても、本番で力を発揮できる準備をしないと自分的合格率は上がったとは言えません。もし、自分は本番に弱いと感じるなら、環境に力を入れましょう。

運もある程度は準備しておくことが可能だと思います。下記はそんな記事です。

去年の自分を早い段階で超えること

受験でやりがちなのが、受験本番に勉強不十分で挑んでしまうことです。仕事が忙しいとか、いろいろ事情はあると思いますが、一番の原因は去年と同じスケジュールで勉強を進めてしまうことかもしれません。

自分的合格率を上げるには、去年の自分からどれだけレベルアップできるか次第です。できれば6〜7月の公開模試までには去年の自分を追い越した状態で迎えたいですね。

税理士試験2016の合格率、まとめ

税理士試験2016、おつかれさまでした。2017年に受験する人は、年内は疲れをしっかり取って、年明けから徐々に準備を始めていきましょう。「戦う準備はできているか?」、よかったら使ってください(笑)。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-税理士試験