税金

年末調整の還付金、いつ戻ってくる?

年末調整の還付金がいつ戻ってくるか、気になる人も多いのではないでしょうか?生命保険の控除証明書を会社に提出してから結構時間が経っていると、いつになったら還付金がもらえるのか心配になりますよね。

スポンサーリンク




年末調整の還付金、いつ戻るかは会社によってまちまち

年末調整の還付金、いつ

年末調整の還付金がいつ戻るかは、特に決まっていません。「年末調整の還付金は12月15日に返金しないといけない」と法律に書かれているわけではないんです。でも、「いつ還付金が戻るのか」は年末調整の事務の都合から考えると、傾向があります。

スポンサーリンク




【いつ?】規模が大きな企業は12月最後の給料といっしょが多い

総務部があるような大きな会社にお勤めの場合、年末調整の還付金は、12月最後の給与支給と同時支給が多いです。毎月25日給与支給の会社なら、12月25日に給与と還付金をいっしょにもらうイメージです。

毎月給与明細だけ入っている封筒に、12月最後だけ源泉徴収票がいっしょにもらえることが多いですね。源泉徴収票をもらうと、結局手取りがいくらだったのか気になる人が多いので、記事を書きました。よかったら読んでみてください。

【いつ?】規模が小さい会社だと1月給与といっしょが多い

従業員が10人くらいの小規模な会社、総務担当者がない会社だと、1月になってから年末調整の還付金をもらえることが多いです。25日給与支給なら、1月25日に還付金と給料をいっしょにもらうようなイメージです。

【いつ?】規模が小さい会社は、還付金が別支給のこともある

小規模な会社だと、1月給与とは別に、還付金だけ1月中旬から下旬にかけて渡すこともあります。

年末調整の還付金がいつもらえるか会社によって違う理由

ea247c03808b71c841a22ad89a0f29b5_s

年末調整の還付金がいつもらえるか、会社によってずいぶん差があるという印象です。早ければ12月中、遅いと1月下旬です。年末調整って言葉があるのに、1月に還付金をもらうとなると変な感じがしますよね。還付金を渡す時期は、年末調整の事務に左右されることが多いです。

スポンサーリンク




小さな会社は1月20日を意識している

年末調整は、個々の給料の税金を調整することを言います。給料を支給する会社目線で考えると、別の意味もあります。7〜12月に給料から天引きした源泉所得税を1月20日までに払わないといけない会社が多いのです。

年末は何かと忙しいので、税務署に払う源泉所得税を1月になってから計算することが多いです。そうすると、還付金額が決まるのも1月になってからなので、1月給与と同時か1月下旬に還付金を返すこととなります。

税理士事務所に勤務していると、顧問先の年末調整事務が年末から年明けに集中します。年末年始休みに自主的に出勤して、事務を終わらせようとがんばる人もいます(笑)。

大きな会社は12月中に処理する

総務がいるような大きな会社は、仕組みやマンパワーがあるので、年末調整をしっかり年内に終えることが多いです。給与と年末調整の還付金を同時に支給するとなると、ちょっと計算の難易度があがるのですが、仕組みができていれば大したことはありません。

年末調整の還付金はいつ戻る?まとめ

年末調整の還付金がいつ戻るかどうかは、会社によって違います。会社の規模や年末調整の事務の観点から、「いつ」というのは予想できます。でも、自分の会社がいつ還付金を戻してくれるかが大事なので、総務や上司に「いつですか?」って聞いてしまったほうが早いです(笑)。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-税金