税金

医療費控除の対象にならない予防接種、領収書をすぐに捨てると損かも!【損した体験】

医療費控除の対象にならない予防接種についてです。先日、インフルエンザの予防接種をしたのですが、予防接種が終わってすぐ、領収書は破られてゴミ箱行きでした。しかし、医療費控除の対象じゃなくても領収書残しておけばよかったです。損しました。

スポンサーリンク




予防接種は医療費控除の対象にならない

医療費控除、対象、予防接種、領収書

簡単に、予防接種と医療費控除の対象について説明しておきます。医療費控除は、本人や生活を共にしている家族の医療費を年間だいたい10万円を超えると、確定申告して所得税を返金してもらったり、住民税が安くしてもらえる制度です。

医療費控除の対象となるのは、治療に関係するものです。

【医療費控除の対象になるもの】
・病院での治療費
・調剤薬局での薬代
・ドラッグストアでの薬代
・通院するための電車代など

一方で、病気の予防や健康増進、美容のための支出は医療費控除の対象とはなりません。

【医療費控除の対象外となるもの】
・予防接種費用
・プロテインやサプリメント代
・美容整形費用

今回払ったインフルエンザの予防接種代3000円は、医療費控除の対象になりません。これは最近決まったとかではなく、ずっと前から医療費控除の対象外とされています。

スポンサーリンク




予防接種が医療費控除の対象にならないから領収書は不要?

医療費控除 対象 予防接種 領収書 捨てない

インフルエンザの予防接種が医療費控除の対象にならないので、インフルエンザの予防接種を終えて家に帰った後、すぐに領収書を捨てました。でも、予防接種で医療費控除の対象にならなくても、すぐには捨てないほうがいいって学びました。

スポンサーリンク




すぐに領収書を捨てていた理由

骨折で救急車に乗ったり、アトピーで皮膚科に行ったりと医療費はそれなりに払いましたが、年間10万円には達しません。骨折での治療費は結構かかりましたが、県民共済が保障してくれるので、実質的にゼロです。医療費控除しないなら、領収書はただのゴミだと思ってしまいました。

健康保険組合から予防接種の補助金がもらえるって知った【盲点】

税理士国保という健康保険に加入しています。健康ネタや国保のことが書かれている冊子を送ってもらえるのですが、そこで見つけてしまいました。

・インフルエンザの予防接種は、ひとり2000円補助金を出します
・補助金を申請するときは領収書を提出してください

やっちゃいましたね。「医療費控除の対象とならないか=領収書がいらない」ってわけじゃないんですね。税理士国保に入ってから初めての予防接種だったので、補助金が出ることに気がつきませんでした。

医療費の領収書の使い道はいろいろある

医療費の領収書は、医療費控除以外にもいろんな手続きで使うので、すぐには捨てないほうがいいですね。予防接種の補助金をもらえなくて実感したのは、よく考えてみると医療費の領収書っていろんな手続きに使うということです。

【医療費の領収書の使い道】
・医療費控除の確定申告(対象のものだけ)
・健康保険組合などへの補助金の申請
・保険会社への保険金の申請
・市役所での高額療養費の払い戻し申請
・予防接種費用を勤務先が負担するときの精算
・その他いろいろ

医療費控除の対象にならないときの予防接種の領収書、まとめ

インフルエンザなどの予防接種は医療費控除の対象とはなりません。でも、保険金や補助金など、確定申告以外で使う可能性があります。1〜2年くらいは保管しておいてもいいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-税金