野球

選抜高校野球の21世紀枠、埼玉で選ばれる高校はココだ!!

選抜高校野球の出場校が決まって、選抜関連ニュースも増えてきました。選抜高校野球は21世紀枠という出場枠があるのが夏とは違った部分で注目されています。2001年に始まった21世紀枠ですが、いまだに埼玉県勢が選ばれたことがありません。もし、自分が選べるなら出場してほしい高校があります。

スポンサーリンク




21世紀枠、埼玉県は最終選考にすら残ったことがない

21世紀枠は2001年からスタートしました。秋の県大会ベスト32以上で、文武両道、震災からの復興、伝統などの特色がある高校が選ばれます。埼玉県にも伝統や特色のある学校はあるはずなんですけどね。

21世紀枠候補に推薦された埼玉県の高校

21世紀枠は次のように絞られて選考が進みます。

都道府県大会ベスト32以上の高校が選考対象となる

都道府県で1校ずつ候補を出す

地区(関東、東海など)から候補を1校に絞る

東日本で1校、西日本で1校、東西度外視で1校が甲子園出場

県大会ベスト32以上という基準はありますが、これはあくまで目安。実際には県大会準優勝くらいの結果を出さないと甲子園出場は厳しいです。

スポンサーリンク




17年中16年が地区敗退

埼玉県の21世紀枠の歴史を調べてみたところ、次のとおりです。

2001年:浦和実業
2002年:花咲徳栄
2003年:鷲宮
2004年:春日部共栄
2005年:所沢商業
2006年:坂戸西
2007年:所沢北
2008年:栄東
2009年:滑川総合
2010年:川越東
2011年:慶応志木
2012年:昌平
2013年:朝霞
2014年:市立川越
2015年:春日部東
2016年:上尾
2017年:川越工業

最初のほうは、なぜか名門校ばかり(笑)。部員や設備に苦労することは皆無です。

2016年の上尾高校は関東地区候補まで残りましたが、他の年は県候補止まりです。関東代表は17年で1回だけ。もし、関東地区候補に選ばれても、まだ全国では10校近い候補がいるので、選ばれるのがいかに難しいか分かります。

スポンサーリンク




個人的に21世紀枠候補に推薦したい埼玉県の高校

ここからは妄想記事です。埼玉県の高校で21世紀枠に出てほしい高校があります。母校と言いたいところですが、違います(笑)。

松山高校

あの監督なら甲子園に連れていってくれるに違いないと信じています。松山高校の監督は、滑川高校の監督だった1998年に甲子園に出場している実績があります。松坂世代の年です。滑川高校は小さな町の公立高校でしたが、元阪神の久保田選手(JFKのK)の活躍もあって、夏の甲子園に出場しました。

監督の実績を含め、松山高校には21世紀枠に求められそうな条件がたくさん揃っています。

・文武両道を掲げる公立の男子校
・監督が公立高校を甲子園に連れていった実績がある
・甲子園と久保田選手を懐かしむ
・グラウンドが狭い(変わってなければ)

文武両道、懐かしい感じ、公立高校、この3つは特に選考委員の胸に響くはず。関東地区候補になれば21世紀枠に選ばれる確率はかなり高いのではないかと思います。なんとか県大会ベスト4くらいまでいってほしいです。

自分が現役の頃、滑川高校と練習試合したことがあります。今でも強烈に記憶に残っているのが、現松山高校の監督でした。

・ノックは右打ちなのに、レフトのライン際に打つときは左打ち
・1回表にミスをしたキャッチャーを試合終了まで叱っていた

とにかく野球に本気な監督です。公立高校が甲子園に行くには、やっぱり監督の情熱が大きく影響するんだと感じました。自分は厳しい監督のもとで野球をやったことがないので、少しうらやましいとも思いました。

選抜21世紀枠と埼玉県、まとめ

2018年、埼玉県勢には21世紀枠を勝ち取ってほしいです。そんな妄想記事でした。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-野球