ブログ

失敗しないブログの始め方。修正不可なこと&ドメインとサーバーの準備。

2017/03/29

このブログは、100記事に到達しました。7月末に立ち上げたので9ヶ月かかりました。1ヶ月10記事ちょいのスローペースです(笑)。うまくいったこともあれば、失敗や後悔もあります。これからブログを始める人が失敗しない方法をお伝えします。ドメインとサーバーの準備が大事なので、そこを詳しく書きました。

スポンサーリンク




ブログ開始当初から厳守すべきこと2つ【後で直せない】

「新入社員」を「侵入社員」とタイピングミスした、こんなミスなら直せばいいだけの話です。でも、ブログ開始当初に間違えてしまうと、もう直せないことがいくつかあります。これからブログを始めるなら、次の2つは厳守してくださいね。

定番ドメインを設定する!ローマ字+comなど

ドメインは子供の名前といっしょです。キラキラネーム、DQNネームだと思われないように慎重に設定しましょう。よく日本語ドメインといって「夜明けのエース.net」のようにも設定できますが、やめたほうがいいです。

日本語ドメインは、ローマ字を文字列で変換しただけのものです。表示こそ日本語ですが、文字列は意味不明な組み合わせとなります。例えば「夜明けのエース.net」と表示されていても、正式なドメインは「xn--08jycwioc2ri86r26s.net」です。怪しさ満点ですよね。ローマ字にしておきましょう!

「.com」や「.net」といったドット以降も自分で選べますが、長く運営するのであれば、com、net、jpにしておきましょう。com、net、jp以外はぱっと見で怪しく感じるものばかりです(.clickとか)。xyzドメインにしたことをブログ運営半年の時点で後悔しています。

次に書くパーマリンクも半年の時点で後悔していました。

パーマリンクはローマ字で内容を表現する

パーマリンクとは、ドメインの後ろの部分です。この記事だと「2017/03/28/blog100/」です。変更は可能です。でも、変更しないほうがよいです。グーグルが記事を評価して上位表示させてくれていたのに、パーマリンクを変えたら順位が変わったりするからです。

今でこそ、この記事は「blog-start-domain-server」といった内容が分かるパーマリンクを付けています。しかし、ブログ開始当初は、日本語を無理やり文字列にした%と数字のオンパレードでした。これは失敗しましたね。直す勇気もありません。

後から直せるものはたくさんある

逆に知ってほしいのは、ブログを開設してから直せるものがたくさんあるということです。誤字脱字、デザイン、画像、これらは直せます。ドメインとパーマリンクだけ注意しておけば、あとは心配いりません。

スポンサーリンク




失敗しないブログの始め方【ドメインとサーバーの準備】

ドメインとパーマリンクさえしっかり決めれば、あとはネットで調べながらブログを更新していけば失敗はしません。とはいえ、初めてだと戸惑うことが多いので、ドメインとサーバーの準備手順をまとめてみました。さきほどの注意点の説明と合わせて確認しておくといいかと思います。

1.ドメインをざっくり決める

ローマ字+com、ローマ字+net、これだけ意識して、残りの部分を自由に決めましょう。名前のようにずっと変わらずに使い続けますので、覚えやすかったり人に伝えるときに分かりやすいものがいいと思います。

・サイトやブログのタイトル(例:お名前ドットコム)
・管理人や著者の名前

「ブログのURLを教えてください」といわれたとき、口頭ですんなり伝えられるドメインがいいと思います。「ace-of-dawn」はハイフンが入るのでイマイチ。「dawn」も聞き慣れない単語なので、今からドメインを取るなら使わないですね。

2.ドメインが取得可能かチェックする

ドメインは、ドメイン販売業者から買います。お名前ドットコムやバリュードメインが有名どころです。業者によって値段が違うだけなので、特にこだわりがなければ、お名前ドットコムでいいです。

上の画像はお名前ドットコムの購入画面です。欲しいと思ったドメインがだれかに取得されていないかどうか確認してから購入します。「ace-of-dawn.xyz」は30円で買われてしまっていると確認できますよね(笑)。

3.whois情報公開代行アリで購入する

お名前ドットコムの画面の続きです。「ace-of-dawn.net」でいいなら、チェックして右の購入ボタンを押します。

ここで、絶対にチェックをすべきなのが、whois情報公開代行です。ドメイン所有者がだれなのかは原則公開するルールなのです。whois情報公開代行にチェックを入れないと、個人情報がネット上に公開されることを意味します。

whois情報公開代行を選択すれば、ドメイン販売業者(お名前ドットコム)の情報が代わりに公開されます。これなら個人情報が流出することはありません(もちろん正々堂々と公開してもいいですが)。

4.サーバーを借りる

ドメイン・・・住所
サーバー・・・土地
ブログ・・・建物

よくこんな例えが使われます。住所を決めて建物を作る決意をしても、土地がないとダメです。そこで、土地を持っている業者から借ります。それがサーバーです。

ドメイン業者がサーバーも貸しているケースも多いです。先ほどのお名前ドットコムでも、レンタルサーバーとドメインのセット契約も可能です。セットだと設定が楽な点もあるので、セットでもよいかと思います。

おおざっぱなレンタルサーバー業者の評判は、次のとおりです。

エックスサーバー・・・費用がちょっと高い、ページの表示が早い
ロリポップ・・・費用が安い、エックスサーバーより安定感は劣る
お名前ドットコム・・・不明(検索してみてください)

ここからが実は難しい

ドメインとサーバーを準備し、「さあブログを書くぞ」と思っても、もう少し設定が必要です。具体的には、ドメインとサーバーをつなげます。お名前ドットコムでドメイン、ロリポップでサーバーを契約した方向けに、次の記事を作成しています。少しお待ちください。

スポンサーリンク




失敗しないブログの始め方、修正できないこと&ドメインとサーバーの準備、まとめ

ブログ開始から9ヶ月で100記事更新してみて、失敗すると修正ができないこともあると気づきました。特にドメインは大事です。デザインやブログタイトルより、ドメインを慎重に決めることが一番大事だと思っています。

The following two tabs change content below.

作間 祐兵

朝4時から始動する税理士、髪型は丸坊主。 面談やネットを通じて、お得な情報を届けることに全力を注ぎます。

-ブログ